ピッチャー・ポット型浄水器とサーバー型浄水器と比較して徹底調査!

使い勝手の良さとコスパの高さから人気のピッチャー・ポット型浄水器(以下PP浄水器)。

 

 

おそらくPP型浄水器がコスパと利便性が最強だと漠然と思われている方がほとんどかと思いますが、実際のところどうなのか気になりませんか?

 

そこでPP型浄水器の機能性とランニングコストの両面を、浄水器の中で最も高い性能を持つものがあるサーバー型浄水器と比較して見ていきましょう。

 

 

PP型浄水器とサーバー型浄水器の仕組みと機能性を比較

 

 

PP型浄水器の仕組みと機能性

 

PP型浄水器はフィルター付きのピッチャー又はポットに水道水を注いで、ゆっくりとろ過して浄水する仕組みです。

 

浄水性能はそれほど高くなく、トリハロメタンは完全除去できても遊離残留塩素は93%以上の除去率で、実際のところは表示除去率の80%ほどとなっています。

 

モノによってはカートリッジ内にミネラル補給用の硫酸カルシウムを重鎮している為、浄水した水のカルシウム量が増加するものがあります。

 

遊離残留塩素とは

 

水道水の塩素消毒をする際に発生する次亜塩素酸と次亜塩素酸イオンのことを遊離残留塩素といい、雑菌やウイルスを殺菌する効果があります。

 

 

 

サーバー型浄水器の仕組みと機能性

 

サーバー型浄水器はサーバー内にろ過フィルターシステムを内蔵し、一定の流量の水を取り込んでゆっくりとろ過し、サーバー内部のタンクに浄水を溜め込む仕組みです。

 

浄水性能は3つのろ過フィルターで必要なミネラルを残し、残留塩素などの不純物を約95%取り除く性能をもっています。

 

更に浄水器の中で最も高性能なROフィルター(逆浸透膜)搭載のサーバーもあり、不純物を99.999%取り除き水分子だけ残して純水を作り出すことができます。

 

 

 

他の浄水器はどんな仕組みが主流なの?

 

蛇口直結型や据え置き型など製品によってろ過方法はいろいろありますが、主流なのは活性炭とマイクロフィルター(中空糸膜)を組み合わせたもので、一般的なPP型浄水器に比べ浄水性能が高いです。

 

浄水器とウォーターサーバーの普及率

 

全国の浄水器普及率は、2017年の調査によると36.2%に対しウォーターサーバーの普及率は10%を下回るほどです。

 

更にミネラルウォーターの消費量が年々増加傾向であることから、大勢の方が飲み水としての水道水離れをしていることが分かりますね。

 

 

 

PP型浄水器とサーバー型浄水器のランニングコストを徹底比較!

 

 

PP型浄水器(クリンスイ)のランニングコスト

 

初期費用 1,944円
カートリッジ(1ヵ月あたりの値段) 約277円

電気ケトルで1日4L
沸かした場合の電気代(月)

約124円

冷蔵庫で保管した場合の電気代(月) 約562円
月間ランニングコスト 約963円〜
年間ランニングコスト 約11,556円〜

 

 

サーバー型浄水器(ウォータースタンド社製ナノラピアネオ)のランニングコスト

 

初期費用 0円
フィルター交換費用 0円
電気代 約500円〜
月間利用料 3,500円〜
月間ランニングコスト 約4,000円〜
年間ランニングコスト 約48,000円〜

 

 

上の表を見ても分かるように、圧倒的にPP型浄水器の方が値段が安いのが分かりましたね!

 

利便性の比較をしてみると、ウォータースタンドのナノラピアネオの場合は冷水・温水7・常温水を素早く使うことができ、6ヶ月に一度の割合でフィルター交換やサーバー内部の洗浄を含んだメンテナンスサービスを無料で受けることができます。

 

その反面PP型浄水器は冷水にする時は冷蔵庫で冷やし、温水にする時には電気ケトルなどで沸かす必要があります。

 

 

 

2機種のメリットとデメリットを比較

 

メリット デメリット
PP型浄水器 ランニングコストがサーバー型浄水器と比べてかなり安い お湯を沸かす・冷水にする・カートリッジの購入、交換
サーバー型浄水器 利便性が長けてる上に、サービスによってはサーバーを清潔に保つことができる ランニングコストがPP型浄水器に比べ約4倍ほどかかる

 

 

調査結果!

 

 

案の定PP型浄水器のコスパは、サーバー型浄水器に比べて圧倒的に安いことが分かりました。

 

やはりランニングコストの安さと、持ち運びの手軽さなどが人気の理由なのがよく分かりますね!

 

人気急上昇中のサーバー型浄水器ですが、、元々宅配型のウォーターサーバーを利用していて、月々のの料金に頭を悩まされていた方には大きなメリットを感じると思います。

 

PP型浄水器がオススメな方は、

  • とにかくランニングコストが安くて、ある程度浄水された水が飲みたい方
  • 持ち運んで使いたい方
  • 主に飲み水として浄水を利用したい方

サーバー型浄水器がオススメな方は、

安全かつ利便性に長けた浄水を利用したい方
赤ちゃんや小さいお子さんがいるご家庭
料理など様々なシーンで浄水を利用したい方

 

といったように、ご自身の用途に合わせて選ぶと良いです^^

 

ウォータースタンドについて詳しくはこちら